【初心者ガイド】ポッドキャストの配信方法(簡単4ステップ)

こちらの記事はこんなお悩みにおすすめ

  • ポッドキャストの収録や配信の方法がわからない
  • 無料で使える編集ソフトのおすすめを知りたい
  • BGMはどうやって挿入するの?
  • GarageBandの使い方を知りたい

といったお悩みを解決できる記事となっています。

この記事を読めば、ポッドキャストの収録から配信までの方法がわかります。

トマもぐ
だれでもポッドキャスターになれるよ。

ポッドキャストとは?

ポッドキャストとは、音声や動画(主に音声)をインターネット上に公開する仕組みのことです。

トマもぐ
有名人や企業だけじゃなく、個人が発信してる番組もたくさんあるよ。

公共の電波であるラジオにくらべると、ポッドキャストは自由。内容はバラエティーに富んでいます。 だれもが発信できるメリットがある反面、品質はピンキリといえるでしょう。

【収益化は?】

ポッドキャスト自体での収益化はまだ難しいですが、番組が人気になれば、あなたの活動を多くの人に知ってもらうきっかけになります。

音声番組の収録から配信までの流れ(4ステップ)

収録前に、まず原稿を作る必要があります。 原稿をみっちり作りこむか、箇条書き程度にしておくかは、自分の適性や慣れなどで判断してください。

アドリブで話すのが苦手なら、話すことをぜんぶ原稿で作ってしまってもいいです。その場合、違和感のない話し言葉を心がけることが大切です。

とはいえ、慣れてアドリブが効くようになってきたら、原稿は箇条書き程度にしておきましょう。そのほうがずっと自然な感じが出るし、頭で考えるだけでは出なかったような、すばらしい発想が飛び出すかもしれません。

トマもぐ
まあ、書いて考えるタイプも世の中にはたくさんいるし、原稿で同じことができるなら、それでいいかも。ぼく自身、そちらのタイプ。

Step1、2:音声を収録&編集する(無料で使えるおすすめDAW)

音声の収録・編集には、編集ソフト(DAW)を使用します。 編集ソフトは無料のものでも、十分な性能を持っています。

※高度な編集をしたい方は、「Adobe Audition」などの有料ソフトを検討してください。

Digital Audio Workstation(デジタル・オーディオ・ワークステーション)の略称です。 録音や編集などに使います。いらない部分の削除やBGMの挿入など。

無料で使えるおすすめの編集ソフト(DAW)はこちら

  • GarageBand(Macユーザー向け)
  • Audacity(Windows、Mac、両方対応)

GarageBandはMac対応アプリなので、Windowsの場合はAudacityがおすすめ。

GarageBandの使い方

GarageBandは、Appleデバイス(Mac、iPhone、iPad)専用の編集アプリです。

初心者向けのアプリなので、専門的な知識がなくても、直感的に使える作りになっています。

GarageBandをひらく

Macの「アプリケーション」から「GarageBand」を起動し、「空のプロジェクト」をひらきます。

トラックのタイプは「マイク」のマークを選択し、「作成」ボタン。
最初、「音源の接続先」は内部マイクとなっていますが、外部マイクを接続すると、自動で切り替わります。

「メトロノーム」と「ライブラリ」をオフにする

音楽の収録ではないので、「メトロノーム」は外しましょう。そのままにすると、メトロノームのリズムがずっと聞こえます。
「ライブラリ」も不要なので、左上のアイコンを押して隠しておきましょう。

録音ボタンを押して、収録スタート

赤い丸が録音ボタンです。

「ノイズゲート」という、ノイズを除去してくれる機能があります。機械の音や遠くの環境音など、規定値より小さな音をとりのぞいてくれます。規定値は自由に設定できます。

言い間違いや長すぎる間などは、あとでいくらでもカットできるので、ひとまず最後まで録音します。

いらない部分をカットする

分割したい箇所にカーソルを合わせ、「command」と「T」を同時に押します。すると、その地点から分割されます。

分割して、一方を削除してしまえば、その部分は再生されなくなります。

あるいは、途中の部分を削除するには、もう一本、分割線を入れる必要があります。

一本目とおなじように、「command」と「T」の同時押しで、その部分だけ切り分けることができます。そうして、その部分を削除し、前半部分と後半部分をつなげてしまえば、その部分はなかったことになります。

GarageBandでBGMを挿入

BGMの挿入には、2通りの方法があります。

  1. GarageBand備え付けのBGMを使う
  2. よそのサイトでダウンロードしたBGMを使う

GarageBand備え付けのBGMを使う

「ループ」アイコンをクリックすると、使用できるBGMがずらっと出てきます。楽器やジャンルでしぼることも可能。BGMを選んだら、ドラッグ&ドロップで、中央の画面へ追加します。

よそのサイトでダウンロードしたBGMを使う

著作権フリーのBGMを取り扱っているサイトをご利用ください。

  • MusMus
  • HURT RECORD
  • Senses Circuit
  • BGMer(ビージーエマー)

ダウンロードしたBGMを、ドラッグ&ドロップで追加すると、下の画像のようになります。青いトラックが収録した音声で、オレンジのトラックがBGMです。

BGMの音量を調節する

音声が流れているとき、BGMをそのまま流していると、しゃべっている内容が聞きとれないです。

なので、たとえば、番組の冒頭でBGMを流すなら、パーソナリティがしゃべりだすタイミングでBGMの音量を下げたいところです。

「ミックス」の「オートメーションを表示」をクリック

あるいは、「A」のキーを押すだけでもいいです(ショートカット)。

すると、黄色いラインがあらわれます。このラインを上げ下げすることで、BGMの音量を調整します。

BGMの音量を下げる地点をチェック

「音量を下げ始める地点」と「一番音量を低くしたい地点」をクリックします。すると、丸い点がつきます。

音量を下げたい地点まで、ドラッグしながら下におろす

音声が始まるまでに、BGMの音量をちょっとずつ下げていくことができます。というように、音声データと照らし合わせながら、BGMの音量を変えていくことで、盛りあげたり、抑えたりが自由自在。

Garagebandについて、もっと詳しく知りたい方は、下の記事をどうぞ。

関連記事

こちらの記事はこんなお悩みにおすすめ GarageBand(ガレージバンド)の使い方がよくわからない BGMはどうやって挿入するの? GarageBandのメリット・デメリットを知りたいといったお悩[…]

Step3、4:音声データをAnchor(アンカー)にアップロード&配信

Anchor(アンカー)はポッドキャスト専用の、初心者向け音声配信プラットフォームです(無料)。

無料とはいえ、業界大手のSpotifyが親会社なので、安心感があります。 スマホひとつで、収録、編集、配信までできるのが特徴です。さらにデータ分析もできるスグレモノです。

GarageBandを使わなくても、Anchorだけですべて済ませることも可能。

トマもぐ
編集のしやすさや性能のよさから、GarageBandを使ってるけど、配信(公開)はAnchorが絶対おすすめ。

なぜなら、公開先のApple Podcasts、Spotify、Google Podcastsなど、主なアプリへの同時配信が楽ちんだからです(アプリごとに配信申請をする必要なし)。

Anchorから直接配信できるプラットフォームは以下
  1. Spotify
  2. Apple Podcasts
  3. Stitcher
  4. Castbox
  5. Google Podcasts
  6. Amazon Music
  7. Overcast
  8. Pocket Casts
  9. RadioPublic

それでは、Anchorの使い方をみていきましょう。

①Anchorに登録

Anchorのホームページから登録します。「登録する」へ進んでください。

次の場面で名前、Eメール、パスワードを設定します。登録したメールアドレスに、自動送信メールが送られてきますので、そちらで指定されたアドレスを開いたら、登録完了です。

②ポッドキャスト番組を設定

ポッドキャスト名、番組の説明を入力し、カテゴリー選択、言語の選択を行います。すべて入力後、「続行」ボタン。

③カバーアートを設定

番組の顔となるカバーアート(カバー画像)を設定します。保存している写真をアップロードするか、自作のカバーアートをダウンロードするか、Anchorにお任せするか、3つから選びます。

カバーアートについて

ポッドキャストの番組には、カバーアート(カバー画像)が必要です。 カバーアートとは、番組のタイトルとイラストでできた表紙画像です。

番組の顔なので、とても大事。 プロに依頼してもいいくらいですが、初心者の方は軌道に乗ってからでもいいと思います。

canva(キャンバ)など、無料でデザインを作成できるツールを使えば、それらしいものはできます。 ちなみに、プロのイラストレーターへの依頼は、たとえばココナラなどオンラインでできますし、料金も選べるので便利ですよ。

トマもぐ
ぼくはブログを起ちあげるときに、ココナラで見つけたイラストレーターさんに、いろんなイラストを描いてもらってたので、canvaでそれらを活用してオリジナルを作ったよ。

カバーアートのサイズ

配信先のアプリによって、推奨サイズがちがいます。 ベストな解像度にするためにも、なるべく推奨サイズを心がけてください。

配信アプリの推奨サイズ

Apple Podcasts Spotify
推奨サイズ1400×1400ピクセル(最低)~3000×3000ピクセル(最大)

※最大サイズを推奨

2660×1140ピクセル(最低)
ファイルタイプJPEGまたはPNG JPEGまたはPNG

推奨サイズを明記していないアプリも多いです。 「Apple Podcasts」や「Spotify」に合わせるか、ウェブの標準とされている、1080×1080ピクセルでいくのがいいと思います。

ひとまず試しに作ってみて、解像度を確かめてもいいと思います。

④エピソードをアップロード

Anchorで録音、編集することもできます。今回は、GaraageBandですでに録音・編集を済ませておいた音声データをアップロードします。

⑤エピソードのタイトル名と説明文を作成

エピソードのタイトル名と説明文を入力します。あとで変更ができます。

⑥エピソードを公開する

「公開する」ボタンを押して、公開します。

⑦利用可能状況を確認

Anchorは自動で10個(Anchor含む)のプラットフォームに配信申請を行ってくれます。SpotifyとAnchorは基本的にすぐ利用可能状態になります。

そのほかのプラットフォームは、それぞれバラバラですが、日にちがかかる場合があります。

配信アプリについて

ポッドキャストの配信は、複数のアプリへの同時配信がおすすめです。

代表的なアプリは以下の4つ。

  • Apple Podcasts
  • Spotify
  • Amazon Music
  • Google ポッドキャスト

ほかにもたくさんのアプリがあります。手動で配信設定を行う場合、この4つに配信しておけば十分です。

「ポッドキャスト国内利用実態調査2021」(朝日新聞×オトナル)をみても、ポッドキャストのリスナーのほとんどが、この4大アプリを使用していることがわかります。 ※複数回答なので、はっきりとした数字は出せませんが。

収録に必要な機材について

パソコンもしくはスマートフォン
  1. マイク
  2. ヘッドホン

①マイク

パソコンかスマートフォンさえあれば、専門的な機械がなくても、ポッドキャストは収録から配信まで行えます。

トマもぐ
Anchorを使えば、スマホで全部できるよ。
とはいえ、ポッドキャストは聞き心地にこだわりたいところです。 パソコンやスマホの内部マイクも、それなりの音質ですが、外部マイクはやはりレベルが違います。
USB接続のマイクなら、直接パソコンにつなげるので、手間もかかりません(※スマホの場合、直接接続できるマイクもあれば、別ケーブルが必要なマイクもあります) 。
お手頃なマイクなら、1万円前後で高性能なマイクが買えます。
下の記事では、ポッドキャスト向けマイクの選び方や、おすすめのマイクを紹介しています。ぜひ参考にしてください。
関連記事

こちらの記事はこんなお悩みにおすすめ ポッドキャストの収録に最適なマイクを探している どんなマイクがポッドキャスト向けなのか、その根拠を知りたい 初心者や一般ユーザーに手頃なマイクがほしい マイクといっ[…]

②ヘッドホン

ヘッドホンやイヤホンを接続できるマイクもあります。 そういったマイクなら、自分の声をリアルタイムで聴きながら収録できます。

自分に聞こえる声と、他人に聞こえる自分の声はちがうので、リアルタイムで実際の声を聴くのは重要。 イヤホンでもいいですが、BGMを流したりもするので、もっといい音質で聴けるヘッドホンがおすすめ。

僕が選んだのは、オーディオテクニカのATH-M30です。 すでに生産終了ですが、アマゾンや楽天で安く販売されています。

ポッドキャスト以外の主な音声配信サービス

難しい処理や複雑な機械を使わずに、かんたんに音声番組を作れるのが、以下の音声配信プラットフォームです。

代表的なプラットフォームはこちら。

  • Voicy(ボイシー)
  • stand.fm(スタンドエフエム)
  • Radiotalk(ラジオトーク)

※Anchor(アンカー)はポッドキャスト専用の音声配信プラットフォーム。Apple PodcastsやSpotifyなど、9つの配信アプリに同時配信できるのが特徴です。

Voicy(ボイシー)

Voicy(ボイシー)は、有名人を中心に音声番組を提供している音声プラットフォームです。

【配信者】
  • 番組を配信するには審査が必要
  • プレミアム(月額課金)を設定できる(100円~30,000円)
【リスナー】
  • ほとんど無料で視聴できるが、有料コンテンツもある
  • プレミアムリスナー(月額課金)になると、限定配信が聴ける
審査がかなり厳しく、だれもが配信者になれるわけではありません。 応募1,000件のうち、合格できるのは30~50件ほど。
そのぶん、リスナーからすると、ハズレにあたりにくい、優良な音声プラットフォームと言えます。

stand.fm(スタンドエフエム)

stand.fm(スタンドエフエム)は、とにかく簡単に配信できるように設計された音声プラットフォームです。

【配信者】
  • 審査がないので、だれもが配信者(パーソナリティ)になれる
  • スマホだけで、収録から配信までできる(マイクや機材が不要)
  • ライブ配信ができる
  • 収益化できる  
  • 再生時間に応じた収益(審査あり)  
  • メンバーシップ(月額課金)
  • コンテンツ販売(有料公開)
【リスナー】
  • 有名人から一般人まで、多種多様な番組が聴ける
東京の渋谷に、stand.fm配信者限定のスタジオがあります。 審査に通れば、用意された収録用の設備を使って、防音ブースで収録が行えます。

Radiotalk(ラジオトーク)

Radiotalk(ラジオトーク)は、エキサイト株式会社の社内ベンチャーから生まれた音声プラットフォームです。

【配信者】
  • 審査がなく、スマホひとつで番組ができる
  • ポッドキャストに配信可能
  • ライブ配信ができる
  • 投げ銭的な「さしいれ」機能があり、付与されたポイントを現金に交換できる
【リスナー】
  • 有名人から一般人まで、多種多様な番組が聴ける
匿名性が高く、気軽に配信できるぶん、知名度を上げていくにはSNSとの連携など別の手段が重要です。

【まとめ】初心者向けポッドキャスト配信方法

ポッドキャストの配信までの流れは、たったの4ステップ。

音声の収録・編集は、無料で使える以下の編集ソフト(DAW)がおすすめ。
  • GarageBand(Macユーザー向け)
  • Audacity(Windows、Mac、両方対応)

GarageBandで収録・編集したら、Anchor(アンカー)にアップロードします。 Anchorなら、ポッドキャストの主な配信先となるApple Podcasts、Spotify、Amazon Music、Google ポッドキャストへ、かんたんに同時配信(公開)できます。

現状、ポッドキャストでは収益化が難しいです。 でも、音声プラットフォームを使えば、収益化が可能です。

たとえば、

  • Voicy(ボイシー)
  • stand.fm(スタンドエフエム)
  • Radiotalk(ラジオトーク)

とはいえ、ゼロから知名度をあげていくのは困難です。 まずはポッドキャストで経験を積んでから、収益化できるプラットフォームにチャレンジしてはいかがでしょう?

実際にポッドキャスト番組を作ってみた

トマもぐ
今回の記事の手順で、ポッドキャストの番組を実際に作ってみたよ。下のリンクはSpotifyだけど、Apple PodcastやAnchorなどでも聴けるので、ぜひ。

\『司書トマもぐ絵本研究所』/

Spotify

Listen to 司書トマもぐ絵本研究所 on Spotify. …

最新情報をチェックしよう!