Audible会員プランが『聴き放題』開始!気になる変更点は?(2022年1月27日より)

アマゾンのAudible(オーディブル)がコイン制を終了し、「聴き放題」制に移行するとアナウンスがありました。

2022年1月27日以降、「聴き放題」のみとなり、全ユーザーが自動的に切り替わります。

「それっていいことなの?」と思った方もたくさんいるはず。

「聴き放題」対象タイトルは、1月27日に公開されました。

トマもぐ
かなり太っ腹のラインナップという印象です。これなら、当分、聴きたい本に困らないと思う。
オーディオブックの各社サービス比較について、下の記事でくわしく解説してます。
関連記事

耳で読む読書、オーディオブックはここ数年で一気にユーザー数を伸ばしています。最近のブームで、オーディオブックのコンテンツはここ数年で爆発的に増えました。オーディオブックを提供する会社はたくさんありますが、料金や機能、[…]

Audibleが「聴き放題」プランをスタート

1月27日(木)から、聴き放題プランが始まります。

月額料金は変わらず、1,500円(税込)。

公式ホームページでは、「新作やベストセラーも多数解禁」となっています。

すでに会員の方は、自動的に「聴き放題プラン」に移行されるので、特に何か手続きをする必要はありません。

本家のアメリカ版Audible(オーディブル)では、昔から「聴き放題プラン」があり、コイン制を含む複数のプランから選べるようになっています。

Audibleの無料お試し30日間に申し込む

コイン制とどこが変わる?

コイン制聴き放題プラン
月額料金(税込)1,500円1,500円
サービス内容毎月1コインが付与され、1冊と交換12万冊以上が聴き放題
再生方法オフライン再生オフライン再生
ストリーミング

対象タイトル数について

これまでは、40万冊以上(日本語の作品は1万冊以上)の中から、聴きたい本を選んでコインと交換していました。

これからの聴き放題プランでは、12万冊以上が聴き放題となります。

ストリーミング再生について

これまでは、オフライン再生のみでした。要するに、聴くためにはダウンロードする必要があったわけです。

今後は、ストリーミング再生とオフライン再生、どちらも選べるようになります。

インターネットに接続した状態で、再生すること

データ通信量を食いますが、ダウンロードする手間がないので、すぐに聴くことができます。

それに、ダウンロードのように、端末のストレージ容量を圧迫する心配もありません。

ストリーミングをおすすめするとき

  • Wi-Fi環境にある
  • 試し聴きなど、サクサク再生したい
  • 端末のストレージ容量に余裕がない

オフライン再生をおすすめするとき

  • Wi-Fi環境のないところで聴く
  • 通信環境が不安定なところで聴く

そのような環境で聴く予定があるなら、あらかじめダウンロードしておくと安心です。

トマもぐ
自宅はストリーミング、外出時はオフラインと分けられるようになったのが、すごくいい。

未使用のコインについて

2022年1月26日をもって、コインの支給は完全になくなります。

まだ使っていないコインは、発行日から6ヶ月間は有効です。

ちなみに、コインで交換したタイトルは、ずっとライブラリに残り続けます。

返品・交換について

これまでは、購入した本が気に入らなければ返品・交換ができるという、太っ腹な特典がありました。

2022年1月27日以降は、返品・交換ができなくなります。

聴き放題プラン対象外の作品の購入について

聴き放題プラン対象外の作品は、Audible会員であれば、すべて30%オフで購入できます。

とはいえ、オーディオブックは紙の本より高いのが普通です。3,000円、4,000円はざらにあります。もっと高いことも。

それだと、気軽に手は出しにくいのではないかと。

たまに70%オフなど、ビッグセールをやることがありますので、その機会に大人買いするのがおすすめです。

予約注文していた分はどうなる?

すでに予約していた本が、聴き放題プランの対象となる可能性があります。

そのため、いったん自動ですべてキャンセル処理され、コインが返却されます。

聴き放題プランの対象でなければ、あらためて予約し直す必要があります。

ポッドキャストについて変更点はあるか?

ポッドキャストはこれまで同様、聴き放題です。

ライブラリーに追加したポッドキャストは、いったんリセットされます。

知らない方のために説明すると、ポッドキャストのタイトルをライブラリーに入れておけば、新エピソードが自動更新される仕組みになっています。
それが、2022年1月27日以降はストップするというわけです。

1月27日以降に、あらためてポッドキャストをライブラリーに追加すれば、自動更新されるようになります。

audiobook.jpの聴き放題プランとの比較

Audibleaudiobook.jp
月額料金(税込)1,500円880円
年額料金だと、7,500円(月に換算すれば、625円)
コンテンツ数12万冊以上1万冊以上
ジャンルの特徴幅広い品揃え
ビジネス書、小説、エンタメ、ラノベ、洋書など
ビジネス書中心
お試し無料期間30日間14日間

料金だけ見ると、audiobook.jpがお得ですが、Audibleのラインナップはすごいです。
Audibleはポッドキャストにも力を入れており、その点はかなりメリットだと思います。

オーディブルのポッドキャストについて、下の記事でくわしく解説しています。

関連記事

こちらの記事はこんなお悩みにおすすめ Audible(オーディブル)のポッドキャストを聴く方法について知りたい おすすめのコンテンツ(番組)を知りたい ポッドキャストの番組のダウンロードと削除の方法を知りた[…]

audiobook.jpが気になる方は、下の記事を参考にしてください。

関連記事

トマもぐどうも、オーディオブックを愛用してるトマもぐです。日本のオーディオブックサービスで、今いちばん勢いがあるのがaudiobook.jpです。audiobook.jpの会員数は170万人に達してい[…]

トマもぐ
ポッドキャストを聴き続けたいから、Audibleを使ってる面もある。

【まとめ】Audible会員プランが「聴き放題」プランに移行

Audible(オーディブル)が、1月27日以降、「コイン制」から「聴き放題」へ変更となります。

ポイントは、

  1. 月額料金は変わらず、1,500円(税込)
  2. 聴き放題対象の作品は、12万冊以上
  3. ストリーミング再生ができるようになる(オフライン再生も引き続き可能)
  4. 未使用のコインは、発行日から6ヶ月間は有効
  5. 返品・交換はできなくなる
  6. 聴き放題プラン対象外の作品は、すべて30%オフで購入できる
  7. 予約注文していた本は、聴き放題プランの対象となる可能性があるので、自動ですべてキャンセル処理される
  8. ポッドキャストはこれまで同様、聴き放題(ただし、新エピソードは自動更新されないので、再度ライブラリーに追加しなおす必要がある)
トマもぐ
いまやAudibleは生活に欠かせなくなってきた。
最新情報をチェックしよう!