大森 裕子【人気の絵本作家図鑑】

  • 2021年5月25日
  • 2021年8月28日
  • 絵本

ホンモノ顔負け、大森裕子の絵本

どんな絵本作家さん?

図鑑らしい緻密でリアルな絵を描けるいっぽうで、かわいらしい動物のキャラクターも描くことができる作家さんです。

写真のような絵と、ゆるいキャラクターとでメリハリがあり、それらが同じページに同居することで、絵がきりっとします。

人気の「ずかん」シリーズはまさにそういう構成です。

写実的な絵で図鑑の用途を満たしつつ、動物のキャラクターをおもしろおかしく配置して、飽きさせない工夫をしています。

それらを総合してみると、大森裕子さんの絵本はわかりやすい、ということかも。

読みやすい字があるように、大森裕子さんの絵は見やすい。

写真の図鑑を眺めるよりも、記憶に残りやすいんじゃないかと思います。

文字情報の補助ではじまった、本来の「イラストレーション」の意味合いにおいて、大森裕子さんはその道の達人です。

大森裕子といえば?

本物みたいにおいしそうな食べ物。

色のこだわりとか、おいしそうに見せるための情熱がフードスタイリストみたい。

猫や魚など、食べもの以外の絵もホンモノ顔負け。

大森裕子のプロフィール

1974年、神奈川県生まれ。東京芸術大学大学院修了。
『パンのずかん』で第11回MOE絵本屋さん大賞2018第7位、『ねこのずかん』で第12回MOE絵本屋さん大賞2019第9位受賞。

大森裕子の絵本(ピックアップしました)

『おすしのずかん』大森 裕子 白泉社


「あかいおすし」「しろいおすし」「ひかるおすし」「そのほかのおすし」「のりでまいたおすし」の順番に、ネタとその本体である魚を紹介。

『パンのずかん』大森 裕子 白泉社


パンを特徴ごとに紹介。
「まるいパン」「やまがたパン」「ながいパン」「はさむパン」など。

『めんのずかん』大森 裕子 白泉社


麺専門店フードコート「めんパークわんこ」のたくさんの麺類を紹介。
ラーメン、パスタ、うどん、そばなど、具材まで細かく分解。

『ねこのずかん』大森 裕子 白泉社


「ねこのしゅるい」や「ねこのからだ」、「ねこご」、「ねことともだちになるには?」、「ねこのいっしょう」など、本物そっくりの猫をみながら、くわしく学べる図鑑。

『おかしのずかん』大森 裕子 白泉社


「ケーキ」や「パイとタルト」、「つめたいおかし」や「わがし」など、世界中のお菓子を紹介。
それぞれのお菓子に国旗がついているので、どの国で生まれたお菓子か一目でわかる。

『ちかてつ もぐらごう』大森 裕子 交通新聞社


ちかてつ もぐらごうで「つちのしたツアー」にお出かけ。
駅弁、野菜の収穫体験、化石見学、テーマパークなど、土の下を満喫したあとは・・・。

『なにからできているでしょーか?』大森 裕子 白泉社


おにぎり、ハンバーガー、ラーメン、餃子など、こどもに人気の食べものを、ミニ動物キャラたちが解体。

『なにができるでしょーか?』大森 裕子 白泉社


『なにからできているでしょーか?』の姉妹編。
こんどは、ミニ動物キャラたちが、ばらばらの部品やパーツを組み立てていく。
ミニカー、ぬいぐるみ、サッカーボールなど。

大森裕子の絵本のレビュー記事

パンのずかんレビュー

おいしそうな絵本といっても、絵の好みは人によってさまざま。どんなに人気があっても、いまいちピンとこないな、ということもあります。あるいは、食べ物の描写が人気なのじゃなくて、ストーリーによる人気なのかも。この記事では、[…]

ちかてつもぐらごうレビュー

こどもの絵本の好みは読めたり読めなかったりします。ぜったい好きだろうと思って買ってきた絵本が全然読まれないこともあるし、なんとなく図書館から借りてきた絵本が大ヒットすることもあります。今回ご紹介する絵本は、少なくとも我が家の[…]

最新情報をチェックしよう!